全国の拘置所
最速で発送 承ります
留置場・拘置所・刑務所の各刑事収容施設に完全対応
tel:06-6777-6260
0
初めての方「さしいれや」とは差し入れ品購入方法発送方法お問合せ

拘置所への差し入れは当日発送いたします

拘置所への布団・お菓子などの特別差し入れ

拘置所への差し入れ品のうち、布団・シーツ・式パッド・枕・座布団などの寝具や、お菓子やジュースなど飲食物の特別な差し入れはこちらへ

特別差し入れ品は、拘置所別の専用ページよりご注文いただけます。

大阪拘置所

大阪拘置所への寝具・飲食物などの特別差し入れのご注文はこちらへ

東京拘置所

只今準備中...

拘置所とは

  • 拘置所は留置場とは違い、法務省が管轄する施設です。(留置場は警察の管轄です。)
  • 主に未決拘留者=刑事裁判中の被告人が収容されている施設です。
  • 議員がかかわる事件や有名企業の役員がかかわる事件などの場合は、容疑者の段階から拘置所で勾留される場合があります。
  • 裁判が確定していない未決者は、推定無罪の原則により、刑務作業を行うことはありません。
  • 懲役刑や禁固刑が確定し、刑務所へ移送されるまでの間、訓練などのために利用される場合もある。この場合、既決拘留者と呼ばれます。
  • 懲役刑として、刑務所で刑に服すのではなく、拘置所で掃除や食事などの刑務作業を行う場合があります。この場合も既決拘留者とも呼ばれています。
  • 死刑を言い渡された者も拘置所で収容されています。

個人の方から拘置所への差し入れご依頼

  • 拘置所への差し入れは、いつでも、誰からでも可能です。
  • 「さしいれや」は、逮捕され拘置所にて未決勾留つまり、裁判継続中の方へ、依頼者に代わり差し入れを代行いたします。
  • もし、受取人様が接見禁止に付されていても、面会・手紙のやり取りは出来ませんが下着やスウェットなどの着替えや雑誌や小説などの本は差し入れする事ができますので、依頼者様のお気持ちをお届けすることができます。
  • お届け先となる拘置所・拘置支所と受取人様のフルネームがわかっていれば、すぐにご注文いただけます。

手間なし、簡単、最速でお届け!

拘置所への電話連絡や差し入れ内容の通知などの面倒な手続きはさしいれやがすべて代行いたします。
お届けする差し入れ品は、各拘置所ごとに異なる細かなルールに対応した下着やスウェットを、何パターンも準備してあるので、即日発送が可能です。
差し入れのご依頼は当通販サイト内で決済を含めすべて完結。お電話のご注文も可能となりますので、お気軽にお問合せください。
お支払方法は、銀行振込又はクレジットカードをご利用いただけます。
銀行振込

拘置所での服装とは


拘置所では、被疑者・被告人・未決勾留者・受刑者と様々な立場な人達が生活をしており、その立場や施設によって服装の規則、差し入れや面会の規則が異なります。

被疑者・被告人・未決勾留者に関しては、留置場と同じく基本的には自由な服装で過ごすことができますが自殺防止や治安維持の観点から厳しい規則が設けられています。
施設ごとに規則が異なりますが、例えば、パーカーのフードが付いたものやズボンのベルト、紐やジッパー、ボタンが付いている衣服に関しては、禁止されている拘置所が多いです。
「さしいれや」では、全国の各拘置所・拘置支所、様々な立場の方に確実に差し入れ出来るよう、例えばパンツを数種類・靴下を数種類・ズボンや上着を数種類といったようにそれぞれの商品ごと形状や色を取り揃えております。

拘置所への差し入れ物品一覧

メンズ
男性向け
まずはこちらのセットの差し入れから。

セット衣類 単品衣類 書籍
レディース
女性向け
まずはこちらのセットの差し入れから。

女性宛のパンツなど下着の差し入れもお任せください

全ての拘置所ではありませんが、多くの拘置所では女性用下着であるブラジャーの着用は認められておりません。
そのような事情から「さしいれや」では、透けないよう厚めの生地で出来たTシャツをご用意しております。
女性用ショーツに関しては、レース付き、リボン付き、ローライズのものなど禁止されている場合が多く、少しの飾りつけでも着用が許されていない場合が多いです。
「さしいれや」では、シンプルなショーツを用意しており、全国の拘置所に対応できる種類の在庫を取り揃えております。
異性への差し入れの場合やサイズ感が分からない場合でも「さしいれや」にご相談ください。

拘置所での生活や面会・差し入れ、規則など各種ご相談事例をご案内しております。

ご相談事例
拘置所に関して、ご家族・ご友人から多くのご質問をいただいており、さしいれやスタッフが各地の拘置所や過去に各地拘置所で生活された方、弁護士、元刑務官などへ取材を行い、多くの事例を紹介しております。

拘置所への差し入れには厳しいルールがあります。

  • 拘置所への差し入れは、慣れていないと難しい。
  • 拘置所の差し入れ規則は、大まかに決まっているが、地域やそれぞれの施設ごとに細かい規定があります。
  • 拘置所に差し入れするには、「窓口に直接持ち込む」又は、「郵送」の2つの方法があります。
  • 差し入れ品はすべて拘置所職員によって検査されます。
  • 下着などの衣類や書籍・雑誌は、差し入れ規則に適合させるために加工が必要な場合があります。
  • 本や雑誌などは、一日に差し入れ出来る上限がある場合があります。
  • 差し入れ品が少しでも規則に適合していなければ全ての荷物を受け取ってもらえない場合があります。
  • 接見禁止処分に付されていても下着などの衣類や本・雑誌は差し入れは可能です。手紙の差し入れは出来ません。
当店では、拘置所への差し入れ実績も多く、差し入れスタッフは施設への対応の研修を必ず受け、各拘置所へご注文毎に詳細なルールの聞き出しを行い、規則に合致した商品選びや加工を行ったうえでお届けしております。



ご注文いただきました差し入れ品は当日に発送し、翌日に拘置所へ届きます。

即日発送いたします
1030日頃となります
1031日頃となります

拘置所宛の差し入れは、15時までにご注文と決済が完了しているご依頼分を、決済当日に発送し、15時以降分は翌日発送となります。

差し入れ品の施設への到着は、本州・四国・九州宛は翌日に、北海道・沖縄宛は翌々日に到着いたします。

(天候や交通事情、災害や運送業者の事情により、お届けが若干遅れる場合があります。)

※「雑誌を含む書籍・レターセット」のみでのご注文の場合、即日発送しておりますが、配達の状況や運送会社の事情などにより、上記よりも1日程度到着に時間がかかる場合があります。(当方からの発送後、施設へは翌々日の到着となる場合があります。)

年中無休で拘置所・拘置支所への差し入れに対応しております

さしいれやは、お忙しい依頼者に代わり拘置所へ差し入れ品を代行発送しますので年中無休でお問い合わせの対応やご注文の受付・配送作業を行っております。

拘置所への差し入れに関する専門知識を持ったスタッフが、お客様に寄り添い丁寧に対応いたします。

新型コロナウイルス感染症対策の実施

すべての社員は、出社時・昼休憩終わり、差し入れ品配送時、外出からの戻り時など、1日3回以上の検温を実施し、37.5℃未満であることを確認した上で、差し入れ業務を行っております。

梱包ごとに手洗いやアルコール消毒を実施し、拘置所内へウイルスが入ることにならないように対応しております。

通勤時や配送時を含め、業務時間内はマスク着用を徹底し、社員同士の席の間隔をしっかりとったうえで拘置所への差し入れ業務を行っております。

発送前に拘置所へ毎回ルールの確認を行っています

全国各拘置所・拘置支所に差し入れ品のお届け実績があり、差し入れ規則を把握しておりますが過去データだけをあてにして施設への確認連絡を行わず商品を発送してしまうのではなく、ご注文毎にお届け先である拘置所へ衣類の規定や数量の上限の確認、差し入れの予約が必要な施設に対しては予約を行い、施設側で受け取り拒否とならないように十分な情報交換を行い、聞き取りを行ったルールに従って差し入れ品の発送を行っております。

差し入れ品は、各拘置所・拘置支所ごとにそれぞれ異なる規則があり、例えば雑誌や本の上限数が違っていたり、下着の「素材」「色・柄」「デザイン」「長さ」などの規則の違いがあることから「さしいれや」では、ご依頼のお届け先に合わせ、確実にに対応出来るよう様々な準備をしております。

拘置所への差し入れに関して経験豊富なスタッフが各拘置所・拘置支所と連絡を取りますので、スムーズで抜けの無い情報収集を行うことが出来ます。


ご利用者様の声

拘置所への差し入れにも対応していてよかった

息子が逮捕された時、留置場へ服や下着の差し入れをさしいれやさんにお願いしました。
そして、今度は拘置所に移送されたので本や雑誌の差し入れをお願いしました。
迅速に対応していただき又、わからない事を教えて頂きとても安心しました。
ありがとうございました。

商品一覧に無い指定の小説も対応していただきました

友人が拘置所に入っていると聞き、本を差し入れたいと考えていた所、さしいれやを見つけました。
私が差し入れしたい本が商品の中に無かったので問い合わせしてみたら、商品に無い本でも用意して頂けるみたいだったのでお願いし、希望通りの小説などを差し入れする事が出来ました。

異性の下着を選ぶのは難しい

女性下着の差し入れをしようと思いましたが、お店に行って買うのを躊躇してしまい、さらにネットで調べると女性宛の差し入れは厳しいという記事がたくさんあったので、さしいれやへお願いすることにしました。
注文の翌日には差し入れ品が到着したと後日手紙が届き、専門業者にお願いしてよかったです。

女性が読む雑誌がわからなかった

拘置所にいる友人女性宛へ雑誌の差し入れを頼まれたのですが、男である私は女性ががどんな雑誌を読むのか全く見当が付きませんでした。
こちらの担当者さんに年齢と性別を伝えて、雑誌の差し入れを依頼しました。
後日面会時に雑誌の差し入れが喜んでもらえたことを聞くことが出来ました。

自分で差し入れ品を用意したが、拘置所で断られた

下着とスポーツウェアを拘置所へ差し入れを送ったところ、「規定違反なので返送します」と連絡を受けました。
すぐに問い合わせましたが、規定違反の衣類は受け取ることが出来ないとのことで、調べていくと拘置所によってルールが違うことや差し入れを代行してくれるサイトがあることがわかり、さしいれやさんでお願いしました。
自分で用意した衣類では受け取ってもらえなかったですが、さしいれやさんから送ってもらった下着とスウェットはちゃんと受け取ってもらえました。
このようなサービスがあるとは知りませんでしたが、自分ではどうしようもなく、お願いして本当によかったです。
※過去に拘置所で勾留された方やそのご家族・ご友人のプライバシーを考慮し、投稿いただいたお客様からの差し入れに関する声の内容から個人を特定できないように一部加工し掲載しております。

過去に拘置所で生活し、差し入れを受け取った方にヒアリングを行い、お届けしております


拘置所に収容されるという事は、社会生活と隔離される事を指しています。

周りの方が本人をサポートする事により、社会との繋がり、周りの方との繋がりを感じることができることで心安らぐこともできるかと思います。

さしいれやは、ご依頼人様に代わり迅速・丁寧に差し入れ品をお届けすることでお客様の大切な方の心の支えとなるようお手伝いをさせていただきます。

拘置所への差し入れは、地域別・施設別にルールが異なりますので、全国の拘置所に取材を行い、細かい規定の違いを把握してより確実に差し入れ品をお届けできるよう、努めております。

過去に拘置所に収容されたことがある方やそのご家族・ご友人などに可能な限りヒアリングを行い、本当に必要なもの、受け取ってとても喜ばれた物はどういったものかを厳選し取り揃えました。

多くのお客様にご参考にいただいております「ご相談事例」を多数用意しておりますので、拘置所に関する疑問やご不安な点などございましたら、ぜひご利用ください。

又、拘置所への差し入れや面会についてご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

© SASHIIREYA.「さしいれや」