全国の警察署内の留置所
最速で発送 承ります
留置所・拘置所・刑務所の各刑事収容施設に完全対応
tel:06-6777-6260
0
初めての方「さしいれや」とは差し入れ品購入方法発送方法お問合せ

喜ばれる品を徹底調査

お届けする差し入れ品目に関しまして、本当に喜んでいただける商品をお届けするために、過去に逮捕された経験のあるかたやそのご家族やご友人などにヒアリングを行いました。

何が必要だったか、どういったものがうれしかったかなど、経験者や識者・刑事収容施設担当者などへの取材の結果、現在さしいれやで取り扱う商品を決定しております。

取材を行った方の事例
  • 過去に逮捕された方
  • 逮捕された方のご家族やご友人
  • 刑事事件担当の弁護士及び、弁護士事務所
  • 警察官や刑事
  • 留置担当官
  • 拘置所の職員
  • 刑務所の職員
  • 老舗(WEBサイトの無い)の差し入れ代行業経験者
また、当サイトへのご利用者様からいただいた、貴重なご意見・ご感想も参考にさせていただき、取扱商品に反映させていただいております。

逮捕・勾留経験者からの貴重なご意見


突然の逮捕から留置所への勾留体験者から、日常生活とは違い、制限のある生活の中でご家族・ご友人からの差し入れ品が本当に心の支えになったということや、清潔な衣類の差し入れが、本当に良かったといったご意見をいただいております。

■特に喜ばれた差し入れ品と主なご意見
  • 家族や友人からの手紙
    • 隔離された空間で、心の支えとなった
    • ここを出たら家族とともに更生したいと思った
  • 清潔な衣類
    • 誰が着たのかわからない、着古された衣類しかなかったので、とてもうれしかった
    • 他人が利用したパンツで生活していたので、ストレスを感じていたので本当にありがたかった
    • 潔癖症なので、本当に助かりました
  • 暖かい靴下
    • 冬の時期は必ず圧手の靴下で生活していたので、ほっとした
    • 冷え性だったので、とても助かりました
  • 雑誌
    • 世の中の情報がほとんど入ってこないので、情報に飢えていた
    • テレビやスマホがないので、差し入れてもらえてよかった
  • マンガ、コミック
    • 何もすることがない中、唯一の娯楽でした
「手紙はもちろんのこと、衣類や書籍を定期的に差し入れられたことによって、家族とのつながりを感じることができました。」
「親友から雑誌が届き、まだ見捨てられていないんだと思い、更生して恩返しがしたいと思いました。」


これらのご意見はほんの一部ですが、差し入れ品が届くということは、大切な方との絆を保ち、更生への第一歩につながるものであると確信しております。

二度と同じ過ちを起こさないためにも、つながりを断ち切らないことは、社会にとってもご本人にとっても本当に大切なサポートとなります。

逮捕された方のご家族・ご友人として贈りたいもの


ご家族・ご友人として、逮捕されてしまった大切な方には、罪を犯してしまっている場合はしっかりと罪を償うとともに、反省し更生してほしいと願うばかりです。

又、大切な方が自暴自棄になってしまったり、自殺を考えたりしないようにしてもらいたいと考えるものです。

そして、犯していない罪で不当逮捕されているケースもゼロではありません。冤罪ということも考えられますので、ご家族・ご友人、弁護士とともにしっかりと気持ちと健康を保った状態で対応しなければいけません。

差し入れしたい品と主な理由
  • 手紙を出したい
    • 元気にしているのか?気持ちは病んでいないか?
    • 持病はだいじょうぶか?
  • 衣類を届けたい
    • 潔癖症だから心配。清潔な衣類を届けたい
    • 皮膚が弱いので、清潔なシャツを着てほしい
  • 書籍を届けたい
    • 世の中のことを伝えたい
    • 少しでも気休めになれば・・・
    • 勉強してほしい本がある
ご家族・ご友人としては、本当は事件のことや逮捕に至る経緯を聞きたいところですが、面会及び手紙で罪状にかかわるやり取りは禁止されているため、事件のことは弁護士に任せるしかありません。
しかし、そのほか健康のことや仕事のことなど、事件とは関係のないことは、接見禁止処分が出されていない限り、やり取りをすることが許されています。

健康面や精神面を考え、衣類を届けてあげたい方もおおく、ネットなどで留置所生活の実態や体験談を見聞きされて心配されたことでしょう。

テレビやスマホ、お気に入りの音楽を聴くなどの娯楽行為は一切禁止されているため、せめて本を差し入れてあげたいと考える方が多いです。


© 2019 SASHIIREYA.「さしいれや」